Japan

  • 東芝シュネデール・インバータ(株)トップページ
  • 会社情報
  • 会員サービス
  • 適用例
  • トピックス
  • サポート
  • 製品情報
  1. トップページ
  2. 適用例

適用例


シュリンク包装機の特長は?

インバータ適用上のメリットは?

インバータを適用する上での注意点は?

インバータの選定方法は?

インバータの一般的な使用方法は?



[適用例へ戻る]

シュリンク包装機 [包装機械]





 シュリンク包装機の特長は?

シュリンク包装機とは、
・包装物をシュリンクフィルムでラッピング
・フィルムをシーラーで密封し、空気抜きのための小さな穴をあける
・熱風をあてて、フィルムをシュリンク(収縮)させる
包装機械で、インバータは包装物の搬送用コンベア駆動に使用され、小容量機種(〜2.2kW)が主体となっています。

包装物は、書籍やCDなどの小さなものから、大型のパレット貨物全体を収縮包装したものまで、多岐に渡ります。
このシュリンクを行うことで、
1.包装作業の省力化,自動化・・・複雑形状品や複数商品の同一包装も容易
2.商品の防水性,防塵性確保
3.包装品の透明包装化による製品識別
4.包装費のコストダウン
効果が見込めます。

 インバータ適用上のメリットは?

 インバータを適用する上での注意点は?

 インバータの選定方法は?

 インバータの一般的な使用方法は?




ご意見,ご要望をお聞かせください。


*本フォームでのご質問は、受け付けておりません。

*ご質問、お問い合わせなど返信が必要な内容につきましては、
画面右上の”お問い合わせ”よりお願いいたします。



この情報は役に立ちましたか? はい いいえ




このページのトップへ

東芝シュネデール・インバータトップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright(C)2001-2017
Toshiba Schneider Inverter Corporation,
All Rights Reserved.