Japan

  • 東芝シュネデール・インバータ(株)トップページ
  • 会社情報
  • 会員サービス
  • 適用例
  • トピックス
  • サポート
  • 製品情報
  1. トップページ
  2. 適用例

適用例


ワインダの特長は?

インバータ適用上のメリットは?

インバータを適用する上での注意点は?

インバータの選定方法は?

インバータの一般的な使用方法は?



[適用例へ戻る]

ワインダ [金属加工機械]



 インバータの一般的な使用方法は?

ワインダにインバータを適用する場合、巻取り側/送出し側での使用方法が異なります。

■巻取り側で使用される機能−速度制御
・センサレスベクトル制御
・外部からの運転指令
・アナログ入力による周波数指令
・アナログ入力のオーバーライド機能

■送出し側で使用される機能−トルク制御
・センサ付ベクトル制御
・外部からの運転指令
・アナログ入力によるトルク指令
・速度制御/トルク制御の切換入力
・トルクバイアス入力機能
・発電制動(制動抵抗器使用)


  インバータの設定方法は?

■巻取り側
周波数指令(VIA端子への0〜10V入力)を補正するために、VIB端子に周波数補正用のアナログ入力(0〜10V)を 行います。
*実際の運転周波数は、[VIA端子の周波数指令]+[VIB端子の周波数指令] となります。




■送出し側
センサ付モータの設定に加え、トルク制御関連の設定を行います。
始動時にスムースに回転を立ち上げるために、速度/トルク制御切換用端子を設定します。
 始動時 S3端子OFF:速度制御  RR端子(0〜10V入力)の周波数指令
 定常時 S3端子ON :トルク制御 RX端子(0〜10V入力)のトルク指令
また、機械ロス補正用に、「トルクバイアス入力(VI端子への0〜10V入力)」を行います。



  V3モートル(センサ付モータ)使用時の各種設定は?

V3モートル使用時の設定(モータ関連およびエンコーダ関連)を行います。
F405(モータ定格容量)には、実際に使用するモータ容量を設定してください。
V3モートルに対し、1ランクまたは2ランク上のVF−AS1適用が必要です。

※上記設定後、以下を実施してください。
1.F400=4(モータ定数の自動計算)を実行。
2.モータ接続後、F400=2(オートチューニング)を設定し、運転をかけてください。




ご意見,ご要望をお聞かせください。


*本フォームでのご質問は、受け付けておりません。

*ご質問、お問い合わせなど返信が必要な内容につきましては、
画面右上の”お問い合わせ”よりお願いいたします。



この情報は役に立ちましたか? はい いいえ




このページのトップへ

東芝シュネデール・インバータトップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright(C)2001-2017
Toshiba Schneider Inverter Corporation,
All Rights Reserved.