Japan

  • 東芝シュネデール・インバータ(株)トップページ
  • 会社情報
  • 会員サービス
  • 適用例
  • トピックス
  • サポート
  • 製品情報
  1. トップページ
  2. 適用例

適用例


半導体チップカッタの特長は?

インバータ適用上のメリットは?

インバータを適用する上での注意点は?

インバータの選定方法は?

インバータの一般的な使用方法は?



[適用例へ戻る]

半導体チップカッタ [半導体製造装置]



 インバータの選定方法は?

半導体チップカッタでは、
・使用する最高回転数
・加速時間
・減速時間
・振動
に注意が必要です。

□使用する最高回転数について
VF-AS1およびVF-S15シリーズの最高運転周波数は、500Hzとなっております。
「回転数=120×周波数/モータ極数」より、2極のモータを使用した場合、
「500Hz=30000min−1」となります。

□加速・減速時間について
加速・減速時間の設定には、注意が必要です。
・加速時間が極端に短い場合:「失速」や「OC1(加速中過電流トリップ)」が発生
・減速時間が極端に短い場合:「OC2(減速中過電流トリップ)」「OP2(減速中過電圧トリップ)」
このような症状を避けるため、下式での加速・減速時間の算出が必要です。

必要加速・減速時間

□振動について
インバータの出力電流は、完全な正弦波ではないため、モータ振動が発生する場合があります。
特に高周波領域では、「許容振動以下となっているかの確認」および「機械系との共振点を避ける」等の十分な検証が必要です。



ご意見,ご要望をお聞かせください。


*本フォームでのご質問は、受け付けておりません。

*ご質問、お問い合わせなど返信が必要な内容につきましては、
画面右上の”お問い合わせ”よりお願いいたします。



この情報は役に立ちましたか? はい いいえ




このページのトップへ

東芝シュネデール・インバータトップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright(C)2001-2017
Toshiba Schneider Inverter Corporation,
All Rights Reserved.