Japan

  • 東芝シュネデール・インバータ(株)トップページ
  • 会社情報
  • 会員サービス
  • 適用例
  • トピックス
  • サポート
  • 製品情報
  1. トップページ
  2. 省エネについて
  3. 高調波抑制ユニット

省エネについて

高調波抑制ユニット

特徴
電源高調波の抑制、力率改善による電力設備の安定と総合効率の向上を行います。

SC7 SC7による省エネ

SC7シリーズは、インバータと組み合わせて使用する、高調波抑制ユニットです。
SC7は、高調波抑制のために「入力電圧と入力電流が同相(力率=1)となるように制御」しています。
このため、電源高調波の抑制と共に、力率改善による総合効率の向上を行い、省エネルギー効果を見込めます。


効率アップの概要

総合効率アップ
電源設備効率力率1制御による電源設備効率アップ
遮断器容量
電線サイズ
モータ電流低減,入力電流低減による配線機器容量の低減効果が期待できます。
インバータ効率インバータのコンバータ部(整流器)損失がないため、インバータ効率アップとなります。
モータ駆動電圧リアクトル方式のような電圧低下がないため、モータ駆動電圧を高く維持できます。
モータ効率モータ駆動電圧が高いため、モータ電流低減による効率アップとなります。

■必要入力容量の比較
インバータのみ:
 必要入力容量=(√3×Vout×Iout)/(η1×cosφ)
SC7接続
 必要入力容量=(√3×Vout×Iout)/η2

Vout: インバータ出力電圧
Iout: インバータ出力電流
η1: インバータ変換効率
η2: (インバータ,コンバータ)変換効率

cosφ: インバータ入力力率
 リアクトル設置: 約0.8
 リアクトルなし: 0.4〜0.6
注:インバータの入力力率は、電源容量,配線インピーダンスに依存します。

■440V-250A(160kW)モータの場合
条件 変換効率 総合力率 必要入力容量
インバータ(直流リアクトル付き) 0.96 0.8 248.1 kVA
インバータ+SC7 0.98 x 0.98 = 0.96 1 198.5 kVA

条件 入力電流 電線サイズ MCCBフレーム 選定電源トランス容量
インバータ(直流リアクトル付き) 253 A 100 mm2 400 AF 300 kVA
インバータ+SC7 194 A 60 mm2 300 AF 200 kVA
このページのトップへ

東芝シュネデール・インバータトップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright(C)2001-2017
Toshiba Schneider Inverter Corporation,
All Rights Reserved.