4象限運転
(よんしょうげんうんてん)
4 quadrant drive

分類: 運転モード及び負荷の特性

説明:
電動機の回転方向(正転・逆転)と発生トルク(正方向・逆方向)の組合せで得られる4種類の運転モードのすべてを実現する運転方式。

備考:
例えば、昇降機機で荷重を上下させる場合、4象限運転が行われる。