Japan

  • 東芝シュネデール・インバータ(株)トップページ
  • 会社情報
  • 会員サービス
  • 適用例
  • トピックス
  • サポート
  • 製品情報
  1. トップページ
  2. 製品情報
  3. SC7 特長

製品情報

その他の機種
電源高調波抑制ユニット
SC7


電源回生ユニット
RC7


カタログ

[東芝インバータのご用命は...]

◆ PWMコンバータ 高調波抑制ユニット SC7

 高調波抑制ユニットSC7は、弊社独自の方法で入力電流を正弦波に近くなるように制御する高力率PWMコンバータです。インバータと組み合わせて使用することにより、電源側の高調波問題を解決します。また入力電圧と入力電流が同相(力率=1)となるように制御していますので、高力率運転ができます。

【容量範囲】
   3φ200V入力 22〜110kW

   3φ400V入力 22〜315kW

【適用分野】
   高調波流出電流を超える設備、発電機を電源とする機器

【特長】
1. 入力電流が正弦波
・通産省のガイドラインやIECの高調波規制値もクリア
・力率1制御により、入力電源容量を小さくできます。
2. 簡単操作・簡単取付
・搬送波フィルタを内蔵、外部取付不要です。
・取付脚の位置を変更して、標準でフィン外出しが可能です。
・直流入力が可能なタイプであれば、弊社以外のインバータにも取付可能
3. 新方式で高効率
4. 高調波ガイドラインへの適用
5. 長寿命化を実現
・インバータ直流コンデンサの脈動電流が減り長寿命化を実現します。
6. 周辺機器にも安心
・リアクトル挿入方式のような電圧低下がありません。モータ最大電圧が安定しモータ効率が向上します。
・低ノイズです。
このページのトップへ

東芝シュネデール・インバータトップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright(C)2001-2017
Toshiba Schneider Inverter Corporation,
All Rights Reserved.