Japan

  • 東芝シュネデール・インバータ(株)トップページ
  • 会社情報
  • 会員サービス
  • 適用例
  • トピックス
  • サポート
  • 製品情報
  1. トップページ
  2. 製品情報
  3. TOSVERT VF-nC3 標準仕様

製品情報

 

■標準仕様
項目 内容
入力電圧クラス 単相100V/単相200V/三相200V
適用モータ出力(kW) 0.1 0.2 0.4 0.75 1.5 2.2 3.7
機種 入力電圧クラス 形式 VFNC3/VFNC3S
単相100Vクラス VFNC3S- 1001P 1002P 1004P 1007P - - -
単相200Vクラス VFNC3S- 2001PL 2002PL 2004PL 2007PL 2015PL 2022PL -
三相200Vクラス VFNC3- 2001P 2002P 2004P 2007P 2015P 2022P 2037P
定格 出力容量(kVA) 注1) 0.3 0.6 1.0 1.6 3.0 4.2 6.7
出力電流(A) 注2) 単相100Vクラス 0.7(0.7) 1.4(1.4) 2.4(2.4) 4.2(4.0) - - -
単相200Vクラス 0.7(0.7) 1.4(1.4) 2.4(2.4) 4.2(3.2) 7.5(7.5) 10.0(9.1) -
三相200Vクラス 0.7(0.7) 1.4(1.4) 2.4(2.4) 4.2(3.6) 7.5(7.5) 10.0(8.5) 16.7(14.0)
出力電圧 注3) 三相200V〜240V
電源 電圧・周波数 単相100Vクラス: 単相100V〜120V−50/60Hz
単相200Vクラス: 単相200V〜240V−50/60Hz
三相200Vクラス: 三相200V〜240V−50/60Hz
許容変動 電圧+10%、−15%(連続100%負荷時は、±10%となります)、周波数±5%
主な
制御
方式
出力電圧範囲 電源電圧補正で50〜330Vの範囲で設定可能、入力電圧以上(単相100V入力クラスは、入力電圧の2倍以上)は出力不可
出力周波数範囲 0.1〜400Hz、出荷時は0.5〜80Hzに設定、最高周波数(30〜400Hz)調整可能
電圧/周波数特性 V/f一定、二乗低減トルク、自動トルクブースト、ベクトル演算制御、自動省エネ、オートチューニング機能。
過負荷電流定格 150%−1分(反限時特性)
主な機能 PID制御、瞬停ノンストップ、瞬停再始動、瞬停減速制御、過励磁減速制御、アップダウン周波数、3ワイヤー運転、 RS485(2線式)通信、プログラマブル入出力端子、電圧/電流アナログ出力、パルス列出力、寿命警報モニタ/出力、 トリップ時の詳細モニタ表示、フリー単位、パスワード設定、ガイダンス機能、ヒストリ機能、他
環境 使用環境 屋内/標高3000m以下(1000mを超える場合は電流低減が必要)/直射日光、腐食性ガス、爆発性ガス、 可燃性ガス、オイルミスト、じんあい等のないこと/振動:5.9m/S2以下(10〜55Hz)
周囲温度/相対湿度 −10〜60℃(40℃を超える場合、上部シール取り外し、電流低減が必要)/5%〜95%(結露および蒸気のないこと)
保護構造(IEC60529)/冷却構造 IP20/自冷(単相100V機種は〜0.4kW) IP20/強制風冷
注1) 定格出力容量は、出力電圧が220Vの場合を示します。
注2) PWMキャリア周波数が4kHz以下の場合の値です。5kHz以上12kHz以下の場合、定格電流は( )内の値となります。13kHz以上ではさらに低減が必要です。なお、PWMキャリア周波数出荷設定は、12kHzです。
注3) 最大出力電圧は、入力電圧と同じになります。但し、単相100V入力クラスの場合は、最大出力電圧は入力電圧の2倍になります。
このページのトップへ

東芝シュネデール・インバータトップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright(C)2001-2017
Toshiba Schneider Inverter Corporation,
All Rights Reserved.