Japan

  • 東芝シュネデール・インバータ(株)トップページ
  • 会社情報
  • 会員サービス
  • 適用例
  • トピックス
  • サポート
  • 製品情報
  1. トップページ
  2. 製品情報
  3. TOSVERT VF-S11 標準仕様

製品情報

 

■標準仕様
三相200Vクラス
項目 内容
入力電圧クラス 三相200V〜240V
適用モータ出力(kW) 0.2 0.4 0.75 1.5 2.2 3.7 5.5 7.5 11 15
機器定格 VFS11-
2002PM 2004PM 2007PM 2015PM 2022PM 2037PM 2055PM 2075PM 2110PM 2150PM
容量(kVA) 注1) 0.6 1.3 1.8 3.0 4.2 6.7 10 13 21 25
定格出力電流(A)
注2)
1.5
(1.5)
3.3
(3.3)
4.8
(4.4)
8.0
(7.9)
11.0
(10.0)
17.5
(16.4)
27.5
(25.0)
33
(33)
54
(49)
66
(60)
出力電圧 注3) 三相200V〜240V
過負荷電流定格 150%-1分間、200%-0.5秒 注4)(反限時特性)
電源 電圧・周波数 三相200〜240V-50/60Hz
許容変動 電圧+10% -15% 注5), 周波数±5%
保護構造 閉鎖形(JEM1030)IP20
冷却構造 自冷 強制風冷
塗色 マルセル5Y-8/0.5
内蔵フィルタ 標準フィルタ 注6)

三相400Vクラス
項目 内容
入力電圧クラス 三相400V入力クラス
適用モータ出力(kW) 0.4 0.75 1.5 2.2 3.7 5.5 7.5 11 15
機器定格 VFS11-
4004PL 4007PL 4015PL 4022PL 4037PL 4055PL 4075PL 4110PL 4150PL
容量(kVA) 注1) 1.1 1.8 3.1 4.2 7.2 11 13 21 25
定格出力電流(A)
注2)
1.5
(1.5)
2.3
(2.1)
4.1
(3.7)
5.5
(5.0)
9.5
(8.6)
14.3
(13.0)
17.0
(17.0)
27.7
(25.0)
33
(30)
出力電圧 注3) 三相380V〜500V
過負荷電流定格 150%-1分間、200%-0.5秒 注4)(反限時特性)
電源 電圧・周波数 三相380〜500V-50/60Hz
許容変動 電圧+10% -15% 注5), 周波数±5%
保護構造 閉鎖形(JEM1030)IP20
冷却構造 強制風冷
塗色 マンセル5Y-8/0.5
内蔵フィルタ 高減衰EMCフィルタ 注7)

単相200Vクラス
項目 内容
入力電圧クラス 単相200V入力クラス
適用モータ出力(kW) 0.2 0.4 0.75 1.5 2.2
機器定格 VFS11S-
2002PL 2004PL 2007PL 2015PL 2022PL
容量(kVA) 注1) 0.6 1.3 1.8 3.0 4.2
定格出力電流(A)
注2)
1.5
(1.5)
3.3
(3.3)
4.8
(4.4)
8.0
(7.9)
11.0
(10.0)
出力電圧 注3) 三相200V〜240V
過負荷電流定格 150%-1分間、200%-0.5秒 注4)(反限時特性)
電源 電圧・周波数 単相200〜240V−50/60Hz
許容変動 電圧+10% -15% 注5), 周波数±5%
保護構造 閉鎖形(JEM1030)IP20
冷却構造 自冷 強制風冷
塗色 マンセル5Y-8/0.5
内蔵フィルタ 高減衰EMCフィルタ 注7)

注1)定格出力容量は、出力電圧が200Vクラスで220V、400Vクラスで440Vの場合を示します。
注2)PWMキャリア周波数(パラメータF300)が4kHz以下の場合の値です。 4kHzを越える場合、定格出力電流は( )内の値になります。12kHzを越える場合、 および、400Vクラスでも入力電源電圧が480Vを越える場合、さらに低減が必要です。 なお、PWMキャリア周波数の標準出荷設定は、12kHzです。
注3)最大出力電圧は、入力電源電圧と同じになります。
注4)条件・機種により異なる場合があります。
注5)連続使用(100%負荷)時は、±10%となります。
注6)標準品にて、国土交通省監修の電気設備工事共通仕様書(平成13年版および16年版)記載のインバータ装置高周波ノイズ対策用に適合します。 オプションのEMC指令対応ノイズ低減フィルタ接続にて、ヨーロッパ規格「IEC61800-3カテゴリ-C2」(モータ配線電線長5m以下) および「IEC61800-3カテゴリ-C1」(モータ配線長1m以下)に適合します。
注7)次のEMC指令に適合します。

機種 標準品 EMC指令対応ノイズ低減フィルタ接続した場合
単相200Vクラス:0.2〜1.5kW
三相400Vクラス:0.4〜3.7kW
IEC61800-3カテゴリ-C2
(モータ配線電線長5m以下)
IEC61800-3カテゴリ-C2
(モータ配線電線長50m以下)
IEC61800-3カテゴリ-C1
(モータ配線電線長20m以下)
単相200Vクラス:2.2kW
三相400Vクラス:5.5〜15kW
IEC61800-3カテゴリ-C2
(モータ配線電線長5m以下)

注8)周囲温度が40℃を超える場合:上部シールを取り外して使用して下さい。 周囲温度が50℃を越える場合:上部シールを取り外して、さらに定格出力電流を低減して使用して下さい。
注9)サイド・バイ・サイド設置(密着設備)の場合:上部シールを取り外して使用して下さい。 ただし、周囲温度が40℃を超える場合:上部シールを取り外して、さらに定格出力電流を低減して使用して下さい。
注10)PMモータとの組合せは、事前に技術検討が必要となりますので、弊社窓口へお問い合わせ下さい。


三相200Vクラス(全閉ボックス型)
項目 内容
入力電圧クラス 三相200V入力クラス
適用モータ出力(kW) 0.4 0.75 1.5 2.2 3.7
機器定格 VFS11-
2004PME 2007PME 2015PME 2022PME 2037PME
容量(kVA) 注1) 1.3 1.8 3.1 4.2 6.7
出力電流(A) 注2) 3.3
(3.3)
4.8
(4.4)
8.0
(7.9)
11.0
(10.0)
17.5
(16.4)
出力電圧 注3) 三相200V〜240V
過負荷電流定格 150%-1分間、200%-0.5秒(反限時特性)
電源 電圧・周波数 三相200V〜240V-50/60Hz
許容変動 電圧+10% -15% 注4), 周波数±5%
保護構造 全閉型(JEM1030)IP54適合/IP55適合対応可能
冷却構造 自冷
塗色 マンセル5Y-8/0.5
内蔵フィルタ 標準フィルタ
環境 使用環境 注6) 屋内、標高1000m以下、直射日光や腐食性・爆発性ガスのないこと/振動は5.9m/S以下(10〜55Hz)
周囲温度 -10〜+40℃
保存温度 -25〜+70℃
相対湿度 20〜93%

注1)定格出力容量は、出力電圧が220Vの場合を示します。
注2)PWMキャリア周波数(パラメータF300)が4kHz以下の場合の値です。 4kHzを越える場合、定格出力電流は( )内の値になります。
注3)最大出力電圧は、入力電源電圧と同じになります。
注4)連続使用(100%負荷)時は、±10%となります。
注5)全閉ボックスシリーズは次のパラメータの標準出荷設定値が標準仕様と異なります。その他は標準シリーズと同じです。 その他は標準シリーズと同じです。パラメータ一覧表を参照して下さい。

タイトル 機能 VF-S11標準シリーズ VF-S11全閉シリーズ
CMOD コマンドモード選択 1 0
FMOD 周波数設定モード選択 0 2

注6)設置環境
通風のよい場所を選び、縦方向に上下して、平らな金属の盤面に取り付けて下さい。また、垂直方向±10°以内で設置して下さい。 上下方向は10cm以上、左右方向は5cm以上のスペースを確保して下さい。 本インバータは内気攪拌用の冷却ファンを内蔵しています。冷却ファンの寿命は約3万時間ですので、定期的に交換が必要です。

このページのトップへ

東芝シュネデール・インバータトップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright(C)2001-2017
Toshiba Schneider Inverter Corporation,
All Rights Reserved.