Toshiba Schneider Inverter Corporation




仕様

PCM001Z-0活用事例
パラメータ設定
シーケンスチェック
加減速チェック
定常監視
異常監視

遠隔操作

RS232C変換ユニット内蔵ケーブル


RS232C変換回路をケーブル内に内蔵し、インバータ−パソコン間通信が
さらに使いやすくなりました。


RS20035-0(RS232C変換回路内蔵ケーブル),PCM001Z(通信ソフト)を
使用することで、

・初期導入時のパラメータ設定
・外部シーケンスチェック
・加速・減速時の電流/電圧チェックによる最適設定
・連続トレースによる定常運転監視
・トリガーモードによる異常監視

・擬似操作パネルによる遠隔操作
などが、PCのみで実現可能です!

Copyright(C)2002 Toshiba Schneider Inverter Corporation,
ALL RIGHTS RESERVED.