Toshiba 東芝シュネデール・インバータ株式会社

ワインダ [繊維機械]



 インバータの一般的な使用方法は?

ワインダにインバータを適用する場合の、一般的な使用方法は以下となります。

・通信による周波数指令
マスタインバータに周波数指令を与え、他のインバータはスレーブとして同期追従させます。
VF-S15, VF-AS1の場合、標準でRS485通信を搭載しています。
・緊急停止指令
・停電時減速停止機能
停電時に減速停止を行うことにより、不測の停電による製品不良を防ぎます。


 インバータの接続方法は?(代表例:VF-S15の場合)

周波数指令は
マスター:外部ボリューム
スレーブ:インバータ間通信
にて行います。
※インバータ間通信を使用するための、RS485通信用配線(2線式)が必要です。




 インバータの設定方法は?(代表例:VF-S15の場合)

■マスターインバータ
スレーブインバータに対し、現在の周波数指令を送出します。


■スレーブインバータ
通信ケーブルの断線時に、インバータをトリップさせる「通信タイムアウト時間」を設定します。
また、マスターインバータのトリップ時に、スレーブ側を強制トリップさせます。


 繊維機械向け機能(標準搭載)
VF-S15およびVF-AS1では、繊維機械向け機能の「同期加減速機能」「トラバース機能」を標準搭載しています。
※詳細は、「会員サービス」にて公開の「取扱説明書」を参照ください。
対象パラメータ:
同期加減速機能:F302,UvC(瞬停ノンストップ機能)
トラバース機能:F980~

同期加減速機能
瞬時停電および復電時に複数台機械の減速・加速時間を揃えて停止または周波数指令に到達することで、 糸切れを防止する機能です。




ご意見,ご要望をお聞かせください。


*本フォームでのご質問は、受け付けておりません。

*ご質問、お問い合わせなど返信が必要な内容につきましては、
画面右上の”お問い合わせ”よりお願いいたします。



この情報は役に立ちましたか? はい  いいえ